まだまだ工事中のカフェオモテ

おしらせ

新型ウイルスのせいで🦠混乱が続き、健康、経済、教育など、不安や心配の絶えない春。みなさま、お変わりないでしょうか?

この未知なる脅威に振り回される状況の中、どう生命を守るか、どう働き、どう生活を守ればいいのか、いろいろと改めて考えさせられます。

本当の意味で人の「生きる力」が求められているような…


さて、カフェオモテは今年に入ってずっと休業状況。できるだけ業者さんに頼らず、自分で作り上げたいという親方の思いを尊重した結果、予定よりかなり長引いております。

納得いくまで手をかける、気にいらないとやり直す、のくり返しで、完成がいつになるのか全く見当がつきません。

辛抱が苦手な私、手持ち無沙汰でイライラ悶々。ついつい嫌味や愚痴もでます。親方、なんでここまでこだわるの?

そんな私のフラストレーションを察したのか、ある日、親方が言いました。

「家をいじるのもこれが最後やけん、納得いくようにやらせてくれ」

親方も今年で53歳。やりたいことがやれる時間も限らている。

そっか、となんだか腑に落ち

好きなようにやっていいよ、と答えた私でした

そして、私も、生きてるうち、動けるうちに、やれること、やりたいこと、やるぞ!と思ったのでした。

自分で膨らませた不安や恐怖は、自分で吹っ切るしかない

吹っ切ること=覚悟、ですね

できるかなぁ(;・∀・)

コメント

タイトルとURLをコピーしました